保育士のやる気まんまんブログ


by c0sbdbtaag
 マイクを使った高感度圧力センサーを装着した携帯電話で生体情報を測り、健康維持に役立てるモニタリングシステムの研究開発が進んでいる。具体的には、呼吸や心拍を測定し、睡眠時無呼吸症候群の早期予防につながることが想定されている。メーカーとも協力し、2、3年後の商品化を目指している。(森本昌彦)

 ◆自宅で簡単測定

 「携帯電話なら誰でも持っているし、測定したデータを医療機関などに簡単に送ることができる」。研究開発を行っている法政大学工学部の渡辺嘉二郎教授(計測制御工学)はこう語る。

 渡辺教授はドアの開閉や燃え上がる炎など、音よりも低い空気圧の変動を計測できる高感度圧力センサーを開発。平成11年からセンサーを使って睡眠時の呼吸や心拍、いびきを測定する研究を進めてきた。

 それを応用したのが、携帯電話によるモニタリングシステム。携帯に内蔵できるよう、センサーを直径4ミリ、厚さ1・5ミリというサイズにまで小型化させた。

 渡辺教授が考える携帯電話を使ったモニタリングシステムは次のようなイメージだ。(1)携帯電話に高感度圧力センサーを装着(2)センサーを作動状態にし、ポリ袋などにわずかな空気と一緒に携帯電話を入れる(3)そのポリ袋を枕の下に置く(4)寝て、起きたら携帯で測定したデータを医療機関にメールする。

 ◆健康管理の中心

 このシステムでどのようなことが可能になるのか。システムでは呼吸や心拍を測定するため、睡眠時無呼吸症候群や不整脈の早期発見につながることが想定される。渡辺教授は「このようなツールを使うことで、病院に行かずに毎日自宅で健康状態をモニタリングできる。携帯電話さえあればよいので、高品質の医療を低コストで提供できる」と話す。

 今はどの医療機関と提携して測定結果を判定してもらうかなどは未定だが、研究に興味を持ったメーカーがセンサーを内蔵した携帯電話の開発に着手。2、3年後の商品化を目指しているという。

 東京医科歯科大学の田中博教授(医療情報学)は「睡眠時無呼吸症候群の疑いがあっても病院で医師の診断を受け、(検査する)機械を借りて調べるのは大変。病院では半日、一日仕事になるため、忙しい人はなかなか行くことができない」と指摘。携帯電話を使った健康チェックなら「病院に行かずに自分で健康管理ができる。健康管理のハードルを下げていることに意義がある」と評価する。

 さらに、「携帯電話なら通勤、通学中でも使える。携帯電話は個人の健康管理の中心になっていく可能性がある」と話している。

                   ◇

【用語解説】睡眠時無呼吸症候群

 睡眠中に気道が狭められ、一時的に呼吸が止まる状態が繰り返される睡眠障害の一種。眠りが浅く、睡眠不足の状態が慢性的に続き、昼間も強い眠気に襲われ、突然眠ってしまうことがある。このため、事故の原因になったり、高血圧や心筋梗塞(こうそく)、脳卒中など生活習慣病の元凶になったりすることもある。

福知山線遺族ら意見陳述申し入れ=神戸検察審査会に(時事通信)
<米軍機>神奈川上空で部品落とす けが人なし(毎日新聞)
陸山会事件、党は調査せず=不動産所有「倫理の問題」−鳩山首相(時事通信)
菅副総理 林前経財相の質問にタジタジ 参院予算委(毎日新聞)
ゼネコントップ聴取 胆沢ダム受注時の社長ら(産経新聞)
[PR]
# by c0sbdbtaag | 2010-02-01 20:53
 PHS大手のウィルコムが会社更生法を活用した経営再建を検討していることが27日、明らかになった。早ければ2月にも主要関係者の合意を得た上で同法の適用を申請する「事前調整(プレパッケージ)型」を採用する見込み。企業再生支援機構と法的整理の活用で、透明性を確保しながら早期の再建を目指す。
 「事前調整(プレパッケージ)型」の法的整理は、経営危機に陥った日本航空の再建問題で採用された。ウィルコムは多額の借入金が重荷となり、昨年9月から私的整理の一種「事業再生ADR(裁判外紛争解決手続き)」を進めてきたが、再建計画案作りが難航している。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
〔写真特集〕JAL 懐かしのキャビンクルー
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真
日航社長に大西氏=子会社の日本エアコミューターから
利用者に多大なメリット=日航との提携

石川議員らの拘置延長=小沢氏団体事件−東京地裁(時事通信)
教室で同級生の財布盗む 容疑で私立高校生ら逮捕(産経新聞)
可視化研究会、5日から=捜査手法の向上も議論−警察庁(時事通信)
鳥取連続不審死 上田容疑者のウソで固めた人生(産経新聞)
ボンバル機、2機引き返し=警告灯点灯−大阪空港(時事通信)
[PR]
# by c0sbdbtaag | 2010-01-31 00:50
 福岡県須恵町で08年7月、工藤会系暴力団元組長を射殺したとして、殺人罪などに問われた工藤会系暴力団幹部、小野朗被告(41)の上告審で、最高裁第3小法廷(藤田宙靖裁判長)は25日付で、被告側の上告を棄却する決定を出した。懲役27年の1審判決を破棄し、無期懲役とした2審・福岡高裁判決(09年9月)が確定する。

 2審判決によると、小野被告は篠崎一雄元組長(当時66歳)の自宅前で、篠崎元組長に拳銃を発射して殺害した。福岡地裁は09年3月、「暴力団の組織的関与があるとまでは認められない」と有期刑を選択したが、高裁は「動機や経緯は不明だが、暴力団特有の論理に基づく反社会的な犯行」と指摘していた。【銭場裕司】

【関連ニュース】
身体拘束:賠償認めず、患者側が逆転敗訴 最高裁判決
いじめ訴訟:病気との因果関係認める 最高裁が差し戻し
政教分離:「神社に市有地提供」20日に最高裁大法廷判決
社説:市有地に神社 最高裁の「違憲」は妥当だ
ひと:須藤正彦さん 弁護士から最高裁判事に就任

国民一人一人が出来ることから始めよう 第2回遺骨収集シンポジウム(産経新聞)
<訃報>筒井寛秀さん88歳=東大寺長老(毎日新聞)
民主議連の緊急提言、「十分検討」―足立政務官(医療介護CBニュース)
元事務長、二審も無期=岐阜一家6人殺傷−名古屋高裁(時事通信)
<松戸女子大生殺害>ATMの男27日にも再逮捕 窃盗容疑(毎日新聞)
[PR]
# by c0sbdbtaag | 2010-01-29 16:27
 札幌市北区百合が原の路上で雪に埋もれた女性の遺体が見つかった事件で、北海道警は身元を兵庫県西宮市すみれ台3、無職杉本稲子さん(72)と確認した。

 杉本さんは首を絞められ、腹部を数か所刺されていることから、道警は殺人事件と断定、札幌北署に捜査本部を設置した。遺体には雪を意図的にかぶせた形跡があり、道警では隠蔽(いんぺい)を図った可能性もあるとしている。

 捜査本部によると、杉本さんの首には、手で絞められたような跡が残っていたほか、腹部には鋭利な刃物による複数の刺し傷があり、致命傷とみられる傷は右脇腹から肝臓にまで達していた。司法解剖で死因は、首を絞められたことによる窒息と右脇腹を刺されたことによる出血性ショックと判明した。

 現場付近には、杉本さんが所持していた電子マネーのカードが落ちていたが、凶器は見つかっていないという。

 捜査幹部によると、杉本さんは18日午前4時頃、日課の散歩に出かけたとみられ、同5時半頃には現場から約200メートル離れたコンビニ店で、1人でカップ酒などを購入したことが確認されている。その直後、付近の住民が、現場近くを歩いている杉本さんと、そのすぐ後ろを40歳ぐらいの男が歩いているのを目撃しており、道警は、男が何らかの事情を知っている可能性があるとみている。

 杉本さんは、西宮市の自宅で無職の夫(75)と暮らしているが、昨年7月頃に会社員の長男(43)が札幌に転勤したため、自宅と現場近くの長男宅を行き来していたという。

<名護市長選>県外移設派、稲嶺氏当選 辺野古案困難に(毎日新聞)
陸山会土地購入 石川容疑者「小沢氏に事務処理を報告」(毎日新聞)
<上越新幹線>最大52分の遅れ 長岡−燕三条間で停電(毎日新聞)
【揺らぐ沖縄】首相の罪 自治体に安保委ねた重いツケ(産経新聞)
<粘菌>ネットワーク構築の性質、物流経路の設計に応用可能(毎日新聞)
[PR]
# by c0sbdbtaag | 2010-01-28 14:22
 健康食品とサプリメント(機能志向食品)の昨年の市場規模は6162億円(前年比1.3%増)で4年ぶりに増加する見込みであることが、民間調査会社の富士経済(本社=東京都中央区)の調査で分かった。健康食品市場は前年より0.1%減少したものの、6.4%増のサプリメント市場が全体を押し上げた。同社では「サプリメントの成長により、市場はさらに拡大すると予測される」としている。

 同社は昨年10、11月、関連企業からヒアリングなどを行い、「肝機能改善」や「整腸効果」「生活習慣病予防」など16効能分野の食品について調査した。

 昨年の機能志向食品の市場見込みは全体で6162億円(健康食品4809億円、サプリメント1353億円)で、ドリンク類などを含む健康美容食品全体の34.3%を占めた。16効能のうち10分野の販売実績が増加し、市場規模が最大の滋養強壮分野が846億円となるほか、通販のにんにく商品が183億円で3年ぶりに増加する見通しだ。また、これまで低迷の大きな原因だった「ダイエット」「免疫賦活作用」の2分野の減少も、小幅にとどまる見込み。
 注目される効能分野は、「肝機能改善」348億円(前年比6.3%増)、「生活習慣病予防」686億円(同3.6%増)など。肝機能改善市場では、サントリーグループの「セサミンEプラス」がけん引し、今年はさらに市場の拡大が予測されるという。生活習慣病予防市場は、一昨年の特定健診(メタボ健診)の義務化後も低迷していたが、4年ぶりに拡大する見通しだ。


【関連記事】
後発品市場は年6−9%の成長率で推移―富士経済
08年のOTC総市場、再びマイナス成長に
臨床検査事業、海外展開を軸に成長へ―矢野経済
昨年の医療用医薬品市場、6兆7千億円余―富士経済
スイッチOTC市場の拡大、08年の一般用医薬品市場の微増維持に寄与

外国人参政権「断固反対」 石破氏が表明 自民党大会(産経新聞)
<自民党大会>ノムさん敗因分析「負けに不思議の負けなし」(毎日新聞)
小沢氏側にゼネコン60社、名簿15万人分提出(産経新聞)
「不思議の負けなし」ノムさん自民に心構え(読売新聞)
内側にさび、缶入りパン15万個自主回収(読売新聞)
[PR]
# by c0sbdbtaag | 2010-01-26 20:17